WOMAN
2014年02月13日 22時56分 JST

女性が長いこと参加できなかった、冬季オリンピックの競技【ソチオリンピック】

数十年にわたる活動により、男性の最初の大会からまる90年を経て、女性がオリンピックのスキージャンプに参加した。

Ezra Shaw via Getty Images
SOCHI, RUSSIA - FEBRUARY 11: Sara Takanashi of Japan jumps during the Ladies' Normal Hill Individual first round on day 4 of the Sochi 2014 Winter Olympics at the RusSki Gorki Ski Jumping Center on February 11, 2014 in Sochi, Russia. (Photo by Ezra Shaw/Getty Images)

数十年にわたる活動により、男性の最初の大会からまる90年を経て、女性がオリンピックのスキージャンプに参加した。

男性のオリンピックのスキージャンプが、1924年の大会から開催されてきたにもかかわらず、女性のジャンプ大会を開催するのに数十年、時間を費やしてきた。

女性がこの競技への参加を妨げられてきた主な理由は、競技人口によるものであったが、特定のスポーツを女性に禁じることは性的偏見に根差している。特に、厳しい肉体的活動は、女性の生殖器官にとって危険であるという古典的な考えに基づいている。

全体的にみれば、2014年の冬季オリンピックは、男女平等の大会かもしれない。女性が、スキージャンプ、リュージュ、バイアスロンで男性チームメートと混合リレーに参加する。しかし、まだ冬季オリンピックの全種目に女性選手が参加できるわけではない。男性がスピードスケート10,000メートルレースに参加できるにもかかわらず (1924年以降実施)、女性は5,000メートルまで。ノルディック複合 (クロスカントリーとスキージャンプの組合せ) では、女性は参加できない。女性もこの両方の競技に別々には参加できる現状からするとまったく馬鹿げている。

女性の種目採用に時間がかかった7つの冬季オリンピック競技 (うち1つはまだ採用されていない) をリストにしてみた。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Photo gallery ジャンプ女子 See Gallery