sukijanpu

「ソチオリンピックからの4年間、悔しい思いをバネにここまで来た」
スキーのジャンプ台をよじ登るコースで順位を競う400メートル走「Red Bull 400」が5月21日、札幌市中央区にある大倉山ジャンプ台で開かれた。
フィンランドのルカで行われたスキージャンプ男子のワールドカップで11月29日、葛西紀明選手が優勝し、自身が持つ最年長優勝記録を42歳5カ月に更新した。
数十年にわたる活動により、男性の最初の大会からまる90年を経て、女性がオリンピックのスキージャンプに参加した。
日本勢のメダルの可能性は――。ソチ五輪に臨む日本選手団の橋本聖子団長(日本スケート連盟会長)は「過去最高のメダル数が目標」と金5、銀1、銅4で計10個だった、1998年の「長野超え」を掲げる。今大会活躍が期待される日本勢を紹介する。
冬季五輪の新種目として、女子スキージャンプが2月11日にソチ大会で行われる。金メダル候補の大本命は日本の高梨沙羅選手で、世界のメディアも注目している。
第22回冬季オリンピック競技大会「ソチ五輪」の開幕を間近に控え、日本人選手のメダル獲得ラッシュへの期待感は高まるばかりだ。そこでオリコンが「ソチ五輪でメダル獲得が期待できる日本人選手」に関するアンケート調査を実施。メダルへの期待が最も高まっている選手はだれ?