NEWS
2014年06月20日 00時13分 JST

ワールドカップ日本代表、ギリシャ戦は終始ボールを支配するも痛恨のドロー

Japan's forward Yoshito Okubo gestures following a 0-0 score during a Group C match between Japan and Greece at the Dunas Arena in Natal during the 2014 FIFA World Cup on June 19, 2014.  AFP PHOTO / ARIS MESSINIS        (Photo credit should read ARIS MESSINIS/AFP/Getty Images)
ARIS MESSINIS via Getty Images
Japan's forward Yoshito Okubo gestures following a 0-0 score during a Group C match between Japan and Greece at the Dunas Arena in Natal during the 2014 FIFA World Cup on June 19, 2014. AFP PHOTO / ARIS MESSINIS (Photo credit should read ARIS MESSINIS/AFP/Getty Images)

終始支配しながら、無得点――。6月20日、FIFAワールドカップ・ブラジル大会、日本が属するグループCの第2戦が行われ、日本はギリシャと0-0で引き分けた。

この結果、日本が決勝トーナメントに進出するには、最終戦にコロンビアに勝ち、かつコートジボワールがギリシャに敗れる必要があり、厳しい条件となった。

コートジボワール戦からは香川が外れて大久保、森重の代わりに今野が先発。日本は前半からボールを支配し、攻守の切り替えも早く、左サイドのパス回しから長友、大久保が中央で受けてドリブルなど、ギリシャゴールを攻め立てるが、ラストパスを弾き返される事が多く、決定的なチャンスを作れない。

そんな中、前半38分、ギリシャのパス回しの中心、カツラニスが退場になると流れが変わる。それまで4−3−3のフォーメーションだったギリシャが、4−4−1に変更。より守備的に戦う形となったことで、日本は数的優位になりながら攻め切れない、歯がゆい形が続く。

後半頭から日本は遠藤を投入して両サイドをまんべんなく使って攻め立てるが、ギリシャの守りになかなかシュートまでは行かない。さらに後半途中から入った香川も中盤でドリブルするシーンは目立ったものの、得意のバイタルエリア、ペナルティエリア内にはなかなか侵入できなかった。

遠藤から右サイドへの大きなフィードから内田が抜けだして入れた低いクロスに大久保が飛び込んだシーンが最大のチャンスも大きく枠を外してしまった。

後半半ばを過ぎるとギリシャも完全に引き分け狙いに切り替え、割りきって守る。日本は吉田を上げてパワープレーまで使うが、ギリシャの高い壁に跳ね返され、試合終了。81%と高い支配率を考えると、痛い引き分けといえるだろう。

ワールドカップ2014 日本 VS ギリシャ

ギリシャ戦のデータも中継!ワールドカップダッシュボードはこちら》

【ワールドカップ関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています