サッカーワールドカップ ミュラーが4得点、ドイツは決勝リーグへ ベスト16が出揃う

サッカーのワールドカップ・ブラジル大会第15日は、1次リーグが終了し、決勝トーナメント進出の16チームが出そろった。
|
US defender Omar Gonzalez (R) and Germany's forward Thomas Mueller vie for the ball during a Group G football match between US and Germany at the Pernambuco Arena in Recife during the 2014 FIFA World Cup on June 26, 2014. AFP PHOTO / NELSON ALMEIDA (Photo credit should read NELSON ALMEIDA/AFP/Getty Images)
US defender Omar Gonzalez (R) and Germany's forward Thomas Mueller vie for the ball during a Group G football match between US and Germany at the Pernambuco Arena in Recife during the 2014 FIFA World Cup on June 26, 2014. AFP PHOTO / NELSON ALMEIDA (Photo credit should read NELSON ALMEIDA/AFP/Getty Images)
NELSON ALMEIDA via Getty Images

サッカーのワールドカップ・ブラジル大会第15日は6月26日(日本時間27日)、1次リーグ最終戦の4試合が行われた。

グループGのドイツはアメリカに1-0で勝利し、グループ首位で決勝トーナメントに進んだ。敗れたアメリカも、得失点差でグループ2位となり、1次リーグを突破している。この試合でゴールを決めたミュラーは今大会4得点となり、メッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル)と並んで得点王争いでトップに立った。

試合中、ドイツサポーターがピッチに侵入し、ミュラーがピッチの外に出るよう促す場面もあった。

USA v Germany: Group G - 2014 FIFA World Cup Brazil

サッカーワールドカップ2014 第15日目 画像集

同じくグループGのポルトガル―ガーナ戦では、ポルトガルが2-1でガーナを下して勝ち点をアメリカと同じ4に伸ばすも、得失点差で決勝リーグへは進めなかった。

グループHは、既に1次リーグ突破を決めているベルギーと韓国が対戦。ベルギーが韓国に1―0で勝利して3勝目。

アルジェリアとロシアは1―1で引き分けたが、出場4回目のアルジェリアが勝ち点4でベスト16に名乗りを上げた。

この日で1次リーグが終了し、決勝トーナメント進出の16チームが出そろった。

■ベスト16(1位、2位の順)

グループA:ブラジル、メキシコ

グループB:オランダ、チリ

グループC:コロンビア、ギリシャ

グループD:コスタリカ、ウルグアイ

グループE:フランス、スイス

グループF:アルゼンチン、ナイジェリア

グループG:ドイツ、アメリカ

グループH:ベルギー、アルジェリア

決勝トーナメントの第1戦はブラジルとチリが対決する。試合は29日午前1時、キックオフだ。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています