NEWS
2014年07月24日 20時42分 JST

中国の期限切れ肉、現地では「外資たたき」批判報道続く

This picture taken on July 20, 2014 shows workers standing aside as inspectors investigate the Shanghai Husi Food Co., a factory of US food provider OSI Group, in Shanghai.  Shanghai city officials have shut a Shanghai Husi factory of US food provider OSI Group for selling out-of-date meat to restaurant giants including McDonald's and KFC, authorities said on July 21 in China's latest food safety scandal.    CHINA OUT     AFP PHOTO        (Photo credit should read STR/AFP/Getty Images)
STR via Getty Images
This picture taken on July 20, 2014 shows workers standing aside as inspectors investigate the Shanghai Husi Food Co., a factory of US food provider OSI Group, in Shanghai. Shanghai city officials have shut a Shanghai Husi factory of US food provider OSI Group for selling out-of-date meat to restaurant giants including McDonald's and KFC, authorities said on July 21 in China's latest food safety scandal. CHINA OUT AFP PHOTO (Photo credit should read STR/AFP/Getty Images)

中国の期限切れ肉、背景に外資たたきも 異例の告発報道

中国の食品会社「上海福喜食品」が期限切れ肉を使っていた問題は、中国でも衝撃をもって受け止められている。消費者から信頼されていた外資系企業が引き起こしたためだ。背景には外資系が「たたかれやすい」中国の事情もある。

上海福喜は、米国の食品卸売り大手OSIグループ企業だ。中国の有名な外資系ファストフードチェーンのほとんどが取引をしていたため、影響はさらに広がっている。23日夜から24日にかけては、中国のケンタッキー・フライド・チキンとピザハットを運営する米ヤム・ブランズが、中国でOSIグループとの取引を全てやめると発表。マクドナルドも上海福喜との取引を打ち切る代わりにOSIグループの別の会社から供給を受けると明らかにした。

国営新華社通信(電子版)によると、香港政府は24日、上海福喜の製品の輸入を禁止すると発表した。

食品業者による不正が後を絶たない中国では国産品への信頼が低い一方、外資系企業は「国際基準で厳格に管理されている」と比較的信頼されていた。

それだけに米資本の上海福喜で起きた今回の事件の衝撃は大きい。共産党機関紙「人民日報」は24日の記事で、「外国企業はなぜ中国へ来ると変質してしまうのか」と問いかけた。中国料理協会の辺疆副会長は「有名ブランドでも問題が起きたことで、より厳しい措置が必要なことが露呈した」と話す。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 


【関連記事】