NEWS
2014年10月25日 14時27分 JST

カナダ銃乱射事件の犠牲者、ネイサン・シリーロさんの愛犬たちは今も主人の帰宅を待つ (写真)

カナダの銃乱射事件の犠牲となったネイサン・シリーロさんの飼い犬たちは、間違いなく彼を愛している。シリーロさんが彼らを愛したように。

カナダの銃乱射事件の犠牲となったネイサン・シリーロさんの飼い犬たちは、間違いなく彼を愛している。シリーロさんが彼らを愛したように。

犬たちを見ていたら、カナダ国民の悲しみが深まったようだ。オンタリオ州ハミルトンにあるシリーロの実家のフェンスの下から頭を突き出し、主人の帰宅を待っている。

犬たちがオンタリオ州ハミルトンのシリーロさんの実家のゲートの下から顔をのぞかせる。そばには残された花と国旗が。2014年10月23日 (ピーター・パワー/The Canadian Press)

CTV Newsによると、赤煉瓦でつくられたシリーロさんの家の外には、追悼のカードや花束が飾られている。

シリーロさんの犬たち。なんとも悲しい光景だ。

シリーロさんの家の前の犬たち。

シリーロさんは10月22日、オタワにある無名の戦士の墓の前で見張りをしているときに殺害された。

アーガイル&サザーランド・ハイランダーズ連隊の予備兵だったシリーロさんは、幼い息子の父親であった。彼はまた熱烈な愛犬家であった。

猫も愛していた。

彼のご冥福をお祈りします。

Photo gallery Newspaper Coverage Of Ottawa Shooting See Gallery

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています