カナダ

特集

暮らした国、7カ国。どこでも「日本人」代表だった自分が、帰国後に直面したギャップとは
日本とカナダ。「どこの人?」と聞かれた僕の答えへの納得感が違った。