NEWS
2015年01月13日 20時26分 JST | 更新 2015年01月13日 20時27分 JST

シャルリー・エブド最新号、表紙の風刺漫画家が会見「描き終えて、私も泣いた」

朝日新聞社

「犯人はユーモア失っていた」 仏紙風刺漫画家が会見

14日に発行される週刊新聞「シャルリー・エブド」最新号の表紙を描いた風刺漫画家レナルド・ルジエさん(43)が13日、パリ市内で記者会見を開いた。

ルジエさんは最新号の表紙に、涙をこぼすイスラム教の預言者ムハンマドを描いた。「笑わせられるイラストにしようと思った。すると、代表作のムハンマドが浮かんだ。いつも私を笑わせてくれるやつだ。そして、『私はシャルリー』を思いついた。彼は『本当にごめんなさい』と泣いていた。描き終えて、私も泣いた」と話した。

新聞社襲撃事件の容疑者については、「ちょっと距離を置いて世界を見る。それがシャルリーだ。彼らはその心を失っていた」と同情的な見方を示した。

charlie hebdo

シャルリー・エブドの最新号について記者会見した風刺漫画家のレナルド・ルジエさん=13日、パリ、マリー・ギトン撮影

charlie hebdo

シャルリー・エブドの最新号について記者会見した風刺漫画家のレナルド・ルジエさん=13日、パリ、マリー・ギトン撮影

(朝日新聞デジタル 2015年1月14日05時35分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

【関連記事】

Photo galleryフランス史上最大のデモ「今日、パリは世界の首都になる」 See Gallery