NEWS
2015年02月04日 15時00分 JST | 更新 2015年02月05日 22時34分 JST

ダウン症の12歳の少女、ジョン・レジェンドの歌を歌って定説を覆す

子どもたちの多くは、人前で歌うのを恥ずかしがるものだ。でも、12歳のマディソン・テヴリンさんは、堂々と自分の歌声を披露している。

子どもたちの多くは、人前で歌うのを恥ずかしがるものだ。でも、12歳のマディソン・テヴリンさんは、堂々と自分の歌声を披露している。

ダウン症を持って生まれたマディソンさんにとって、歌うことは困難だ。国際ダウン症候群教育学会の研究によると、この疾患を持っている人の多くは「低くしゃがれた」声をしている。また、ダウン症候群の人が声帯の筋肉を使って声を出すには、通常の人の2倍ものエネルギーを要する。

マディソンさんはボーカルテクニックを習得することによって声を鍛え、ジョン・レジェンドの「All of Me」を歌った動画で、自身の才能を披露した。

その感動的な動画の中で彼女は、自分の歌で人々を感動させたいと語っている。「みんなを勇気づけたいの」と彼女は言う。不可能なことを可能にすることで、彼女はそのメッセージを伝えている。

H/T The Mighty

【関連記事】

Photo gallery Chrissy Teigen and John Legend's Wedding See Gallery

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています