NEWS
2015年03月17日 19時21分 JST | 更新 2015年03月18日 00時01分 JST

玄海・島根・美浜・敦賀の原発5基、廃炉を正式決定【UPDATE】

2011年の福島第一原発事故以来、事故を起こした福島第一原発以外の廃炉が決まるのは初めて。

ASSOCIATED PRESS
Treactor, foreground, of the Mihama Nuclear Power Plant at Mihama, northern Japan. Five people were seriously injured by a steam leak at a Japanese nuclear plant, reports said Monday, Aug. 9, 2004. Five workers at the Mihama Nuclear Power Plant suffered heart and lung failure, Kyodo News Service said, without elaborating. (AP Photo/Kyodo)

【UPDATE】2015/03/18 11:50

九州電力と中国電力は3月18日、玄海原発1号機(佐賀県)と島根原発1号機の廃炉を正式に決めた。朝日新聞デジタルなどが伝えた

【元の記事】

関西電力は3月17日、美浜原発1・2号機(福井県)の廃炉を、取締役会で正式に決め、福井県に報告した

日本原子力発電も17日、敦賀原発1号機(福井県)の廃炉を決めた。

NHKによると、2011年の福島第一原発事故以来、事故を起こした福島第一原発以外の廃炉が決まるのは初めて。

今回、廃炉が決まる原発の詳細は以下の通り。いずれも運転開始から40年以上(玄海は10月で40年)経っており、出力も100万kwを下回るなど比較的小さい。

名称定格出力運転開始形式
美浜1号機34万kw1970年11月加圧水型
美浜2号機50万kw1972年7月加圧水型
敦賀1号機35万7000kw1970年3月沸騰水型
島根1号機46万kw1974年3月沸騰水型
玄海1号機55万9000kw1975年10月加圧水型

いずれも定期検査に入ったまま稼働していない状態だが、福島第一原発事故後、国の原子力規制委員会は再稼働に当たって、津波や地震など安全対策を大幅に強化するよう求めている。また事故後、運転期間が40年を超える原発の運転期間延長には、老朽化についての特別点検が必要となった。このため原発を運営する各社は、老朽化した出力の小さい原発をコストをかけて維持するよりも、廃炉とすることを選択した。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery 福島第一原発(2015年2月〜3月) See Gallery