NEWS
2015年03月22日 20時00分 JST | 更新 2015年03月22日 20時54分 JST

【訃報】リー・クアンユー元首相が死去、シンガポール建国の父

シンガポール首相府は、入院中のリー・クアンユー同国元首相(91)が23日死去したと発表した。

Reuters

[シンガポール 23日 ロイター] - シンガポール首相府は、入院中のリー・クアンユー同国元首相(91)が現地時間23日午前3時18分、シンガポール総合病院で死去したと発表した。

リー氏は重い肺炎のため2月5日から入院していたが、感染症にかかり容体が悪化。人工呼吸器を装着され、集中治療室(ICU)で手当てを受けていた。

リー氏はシンガポールが英連邦自治州になった1959年に首相に就任してから31年にわたり政権を担当。建国の父とされる。数年前に政治の表舞台からは退いていたが、2011年まで閣内にとどまり、影響力を持ち続けた。リー・シェンロン現首相は長男に当たる。

報道や言論の自由、政敵らに対しては厳しい統制を加える一方、マーケットに対しては実態に則した政策を取った。明確なビジョンを持っていると評価された一方、独裁的との批判もあった。

リー・クアンユー氏の死去と、数年後とみられる現首相の退任で、シンガポールは一時代が終わりを迎えることになる。ただ、産業への影響は少ないとの見方が多い。

関連記事

Photo gallery 2015年に亡くなった著名人 See Gallery