NEWS
2015年03月24日 23時55分 JST | 更新 2015年03月24日 23時55分 JST

ジャーマンウイングス機墜落、残骸の破片が散らばる事故現場

現場上空から写された写真には、飛行機の残骸とみられる破片のほか、乗客の手荷物のような赤やピンクの遺留物も散乱している様子がわかる。

ドイツの航空会社ジャーマンウイングスの旅客機墜落事故で、事故現場となったフランス・アルプスの山岳地帯では、軍や消防などが約600人態勢で捜索活動をしている。ただ、標高1500mの岩場で、ヘリコプターでたどり着くほかはなく、捜索は難航しているとみられる。

現場上空から写された写真には、飛行機の残骸とみられる破片のほか、乗客の手荷物のような赤やピンクの遺留物も散乱している様子がわかる。

(C)Michael Gottschalk/Photothek via Getty Images

(C)ASSOCIATED PRESS

(C)ASSOCIATED PRESS

Photo gallery ジャーマンウィングス機墜落 2015/03/24 See Gallery