JAPAN
2015年05月03日 11時55分 JST | 更新 2015年05月04日 11時17分 JST

メイウェザーがパッキャオに勝利、引退を明言 「世紀の一戦」を忘れない(画像集)

ボクシングのWBC・WBA・WBO世界ウエルター級王座統一戦が5月2日(日本時間3日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスで行われ、フロイド・メイウェザー(アメリカ)がマニー・パッキャオ(フィリピン)に3-0で判定勝ち。メイウェザーは「世紀の一戦」を制し、WBC、WBAウエルター級王座に続き、WBO同級王座も奪取した。スポニチなどが報じた。

序盤はパッキャオがプレッシャーをかけ、鋭い踏み込みから左を打ち込んだ。メイウェザーは積極的に前に出るパッキャオに対し、フットワークと両腕を巧みに使った防御で決定打を許さず、左ジャブと右カウンターでポイントを稼ぎ、2人のジャッジが116-112、1人が118-110と、3人ともメイウェザーの勝利とした。メイウェザーは48戦無敗を守った。

メイウェザーは試合後、「厳しい対戦相手だった。相手が前に出てプレッシャーをかけてくることは分かっていたので中に入らせず、うまく攻めることができた。ベストを尽くせた」などと喜びを語った

また、38歳のメイウェザーは「9月が自分にとってラストファイトになる。その試合で終わりにする」と引退を明言した。

以下に試合の様子を画像集で紹介する。

Photo galleryパッキャオ vs メイウェザー 世紀の対決 See Gallery

【関連記事】

Photo galleryパッキャオ vs メイウェザー 世紀の対決 See Gallery

【ハフィントンポスト日本版2周年イベント開催】

未来のつくりかたーーダイバーシティの先へ 2015年5月16日(土)14:00開始

グローバル人材、アジアの女性、子育てしやすい国、これからの働きかたーー。小室淑恵さんや瀬谷ルミ子さんら有識者のほか、アジア各国版の編集主幹と「多様性」についてディスカッションします。 詳細は、こちらから

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています