NEWS
2015年06月16日 18時01分 JST

宇宙飛行士が息をのむような地球の写真を撮影した(画像)

テリー・バーツ宇宙飛行士が宇宙滞在中、息をのむような写真と動画を撮影した。その傑作の一部を紹介しよう。

Instagram/Terry Virts

国際宇宙ステーション(ISS)に200日間滞在した、アメリカ航空宇宙局(NASA)のテリー・バーツ宇宙飛行士がこのほど帰還した。

ISSの中での生活を撮影したドキュメントをもっと見たいと思う宇宙ファンも多いことだろう。天空から見下ろした壮大な写真と動画の数々は、ここ数カ月間ソーシャルメディア上で多くのフォロワーを獲得している。

バーツ飛行士は先週、地上に帰還する直前まで、作業の合間を縫って宇宙空間からの地球の姿を撮影した。その中には、エジプトのギザの大ピラミッドの姿もある。

これが、今回のミッションで撮影する最後の写真だ。

この景色をいつまでも恋しく思うだろう。

滞在最後の日、やっとこのように素晴らしい写真を撮れたんだ。

ここ数カ月間、彼は、ISS内とそこから見た宇宙の写真と動画を何十回もアップロードした。

例えば、落雷を宇宙から見たらどうなのか。

インドネシア付近の落雷。そしてもっと激しいオザーク地域の落雷と嵐。これで干ばつもおさまるだろうね。

そして、本当に美しい地球の姿。

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

彼はまた、息を呑むような宇宙の姿も捉えている。

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

そして、空中遊泳中の食事からスペースウォークに至るまで、ISS内での生活の様子をつぶさに撮影した。

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

#SpaceVine 、#dinnerのタグでツィート検索してほしい。食べ物が浮かんだらそれで遊びたくなるだろう?

A photo posted by Terry Virts (@astro_terry) on

彼は、ロシアのアントン・シャカプレノフとイタリアのサマンサ・クリストフォレッティ両宇宙飛行士とともに、ソユーズ TMA-15M 宇宙船で帰還した。

3人は6月11日、カザフスタンの草原に帰還した

バーツ飛行士の素晴らしい写真と動画を、彼のTwitterInstagram そして Vine ページでぜひ見てほしい。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事