NEWS
2015年08月01日 23時31分 JST

『妖怪ウォッチ』の花火が打ち上がる 「オレっちの花火だにゃん」

『妖怪ウォッチ』の花火が打ち上げられ、「ジバニャン」が夜空を彩った。他の「ねこ型」花火との違いは?

8月1日に東京の荒川河川敷で行われた「いたばし花火大会」で、人気テレビアニメ『妖怪ウォッチ』デザインの花火が打ち上げられた。アニメに登場するキャラクター「ジバニャン」型のものや、アニメのなかでよく使われる「うずまき」型の花火が、東京の夜空を彩った。

※31〜47秒あたり

なお、「ねこ」型の花火はこれまでにも各地で打ち上げられており、サンリオの人キャラクター「ハローキティ」型などが有名だ。キティ花火とジバニャン花火の違いは何か? それは、ヒゲだ。

※37〜42秒あたり

なお、「ねこ」といえばドラえもん。最後にドラえもん型花火も紹介しよう。

Photo gallery 小学館ビルの「落書き」写真集 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています