NEWS
2015年08月16日 01時29分 JST

天皇陛下おことば「さきの大戦に対する深い反省」(動画)

戦後70年にあたる8月15日、東京・千代田区の日本武道館で、全国戦没者追悼式が行われた。朝日新聞デジタルによれば、「さきの大戦に対する深い反省」という表現が追悼式で使われたのは初めてだという。おことば全文は、以下のとおり。

*****

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

*****

Photo gallery1945年8月14-15日、世界は See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています