NEWS
2015年08月15日 15時32分 JST

【新国立競技場】「屋根は観客席のみ」「大会後民営化」政府が基本方針定める

Toshiaki Endo (L), the new cabinet minister in charge of the Tokyo Olympics and Paralympics, and Yoshiro Mori (R), president of the Tokyo 2020 Olympics Organising Committee, speak to the press after a meeting in Tokyo on June 29, 2015. Japan expects the cost of the 2020 Olympic stadium to rise to 252 billion yen (2 billion USD). Construction is set to begin in October with May 2019 the projected completion date -- two months later than initially planned and just in time for the rugby World Cup.    AFP PHOTO / JIJI PRESS    JAPAN OUT        (Photo credit should read JIJI PRESS/AFP/Getty Images)
JIJI PRESS via Getty Images
Toshiaki Endo (L), the new cabinet minister in charge of the Tokyo Olympics and Paralympics, and Yoshiro Mori (R), president of the Tokyo 2020 Olympics Organising Committee, speak to the press after a meeting in Tokyo on June 29, 2015. Japan expects the cost of the 2020 Olympic stadium to rise to 252 billion yen (2 billion USD). Construction is set to begin in October with May 2019 the projected completion date -- two months later than initially planned and just in time for the rugby World Cup. AFP PHOTO / JIJI PRESS JAPAN OUT (Photo credit should read JIJI PRESS/AFP/Getty Images)

2520億円という巨額の建設費をめぐって白紙撤回になった、新国立競技場の問題で、政府は8月14日、白紙見直し後のプランの基本方針を発表した。遠藤利明五輪相を議長とする関係閣僚会議で決定した。

会議資料によれば、8つの項目にまとめられた基本方針は以下のとおり。

***

(1)「アスリート第一」の考え方の下、世界の人々に感動を与える場とする。

(2)その大前提の下で、できる限りコストを抑制し、現実的にベストな計画を策定する。このため、以下の方向性で検討する。

・施設の機能は、原則として競技機能に限定

・屋根は観客席の上部のみ

・諸施設の水準は、オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとして適切に設定

(3)大会に間に合うよう、平成32年(2020年)春までに確実に完成させる。整備期間を極力圧縮するため、設計・施工を一貫して行う方式を採用する。

(4)アスリートや国民の声をよく聴き、計画の決定及び進捗のプロセスを透明化する。

(5)周辺地域の環境や景観等との調和を図るとともに、日本らしさに配慮する。

(6)バリアフリー、安全安心、防災機能、地球環境、大会後の維持管理等を十分考慮する。

(7)内閣全体として責任をもって整備を進める。独立行政法人日本スポーツ振興センターによる整備プロセスを当会議で点検し、着実な実行を確保するとともに、新たに専門家による審査体制を構築する。

(8)大会後は、スタジアムを核として、周辺地域の整備と調和のとれた民間事業への移行を図る。今後、政府において計画を踏まえて、ビジネスプランの公募に向けた検討を早急に開始する。

***

政府は9月にも要件をまとめ、コンペを開催する予定。なお、工期を短縮するため、設計と施工をまとめて発注する「デザインビルド」方式を採用する。白紙見直し以前に問題になった、技術面の実現可能性やコストを精査するため、JSCに有識者7人からなる審査委員会を作るという。

Photo gallery新国立競技場のデザインたち See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています