NEWS
2015年09月09日 22時44分 JST | 更新 2015年09月09日 22時49分 JST

iPhone 6s発表 従来モデルとの違いは?

Apple CEO Tim Cook discusses the new iPhone 6s and iPhone 6s Plus during the Apple event at the Bill Graham Civic Auditorium in San Francisco, Wednesday, Sept. 9, 2015. (AP Photo/Eric Risberg)
ASSOCIATED PRESS
Apple CEO Tim Cook discusses the new iPhone 6s and iPhone 6s Plus during the Apple event at the Bill Graham Civic Auditorium in San Francisco, Wednesday, Sept. 9, 2015. (AP Photo/Eric Risberg)

Appleは9月9日、iPhoneの新モデル「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発表した。日本では12日午後4時1分から予約を開始。25日から発売する。

今回発表されたモデルは何がすごいのか? 従来モデルと比較してみよう。

大きさ・重さ


iPhone 6sは4.7型(750×1334ピクセル)、iPhone 6s Plusは5.5型(1080×1920ピクセル)。画面サイズ・解像度ともに、iPhone 6 / 6 Plusと同じとなる。

サイズ・重量は従来モデルより大きく・重くなった。

iphone 6s

カラーバリエーション


これまでのスペースグレイ、ゴールド、シルバーに、ローズゴールドが加わった。

3Dタッチ「Peek and Pop」


画面を押す強さを感知する「3Dタッチ」機能を搭載。画面を長押しすることで、ショートカットを呼び出せるようになった。

この機能を使うと、例えば、カメラを長押しで背面カメラに切り替えたり、電話アイコンを長押しで、よく使う連絡先を呼び出すなどが可能になる。

メールに書かれている住所を長押しすると、その画面から地図をプレビューしたり、ゲームなどで利用したり、使い方が広がる。

カメラがすごい


内蔵カメラが、1200画素と高画質化。より詳細な画像が撮影できるようになった。高解像度4K映像を撮影することも可能。

また、“自撮り”カメラも120万画素から500万画素にアップ。ディスプレイを光らせることでより明るく写すことができるようになった。

CPU性能がアップ


新端末には、Apple A9チップを搭載。従来モデルに比べてCPU性能は70%、GPU性能も90%向上した。これによって「デスクトップ並みの計算能力と、ゲーム機並みのグラフィックを実現した」と、Appleの担当者は述べた。

iphone 6s

純正ドック、カバーも


今回新たに、純正ドックとカバーケースも販売される。

価格は…


日本におけるアップル直販でのSIMフリー版価格は以下のとおり。

iPhone 6S

16ギガバイト 8万6800円

64ギガバイト 9万8800円

128ギガバイト 11万800円

iPhone 6s plus

16ギガバイト 9万8800円

64ギガバイト 11万800円

128ギガバイト 12万2800円

Photo gallery Apple 2015年9月9日のイベント See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています