NEWS
2015年09月13日 20時08分 JST

ドイツ、難民の流入を制限 オーストリア国境で入国検査を導入へ

Refugees and migrants arrive  at the central station in Munich, southern Germany Sunday Sept. 13, 2015.  (Sven Hoppe/dpa via AP)
ASSOCIATED PRESS
Refugees and migrants arrive at the central station in Munich, southern Germany Sunday Sept. 13, 2015. (Sven Hoppe/dpa via AP)

シリアなどから押し寄せる大量の難民に対し、ドイツ政府は、オーストリアとの国境で入国検査を導入することを決めた。オーストリアからの国際列車の入国も一時ストップしている。47NEWSが伝えた。

ドイツのデメジエール内相が9月13日(現地時間)、発表した。47NEWSは連邦警察の当局者の話として、南部ミュンヘンの中央駅に、9月12日だけで約1万2000人が押し寄せたと伝えており、難民の流入を抑えるための措置に踏み切ったとみられる。

ドイツに流入した難民は2015年だけで45万人。AFPBBは、ミュンヘン市長が「もうこれ以上、難民にどう対応していいかわからない」と述べたと報じた。

それでも、到着した移民らは感謝の意を表し続ける。「問題はドイツ人じゃなくて、(移民・難民が)多すぎることだ」とシリア人のアブデルさん(22)はAFPに語った。さらに、流入の数が大幅に増加したにもかかわらず、「ドイツ人は、それでも僕たちを歓迎してくれるし、食料を含む全てを用意してくれる」、「オーストリアとドイツでは人々はすごく親切だ」と彼は付け加えた。

しかしミュンヘンでは、移民らの数が、受け入れ可能な数の限界に達しようとしている。そうした移民らを収容するために、同市は軍の力を借りて仮設ベッドを設置するなどしている。

移民歓迎のドイツ、流入増でミュンヘンなど破裂寸前 写真3枚 国際ニュース:AFPBB Newsより 2015/09/13 09:05)

また、時事ドットコムによると、ギリシャ東部・エーゲ海のファルマニコシ島沖で9月13日、難民船が転覆し、少なくとも34人が死亡した。死者のうち15人は子供で、赤ん坊も4人含まれていたという。

アテネ通信や沿岸警備当局によると、難民であふれた木造船が強風で転覆。海上で68人が救出されたほか、30人は自力で海岸までたどり着いたが、多数が犠牲になった。船に乗っていた正確な人数は不明という。

時事ドットコム:難民船転覆、34人死亡=犠牲者に赤ん坊や子供も-ギリシャ沖より 2015/09/14 06:09)

Photo galleryドイツにやってきた難民の子供たち See Gallery

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています