NEWS
2015年09月30日 23時46分 JST | 更新 2015年09月30日 23時50分 JST

金本知憲氏に阪神タイガース次期監督を要請へ チームの改革託す

プロ野球・阪神タイガースは、OBで野球解説者の金本知憲氏(47)に次期監督就任を要請することを決めた。

プロ野球・阪神タイガースは、OBで野球解説者の金本知憲(かねもと・ともあき)氏(47)に次期監督就任を要請することを決めた。

9月30日の球団取締役会で、坂井信也オーナーが最終的に承認したと、デイリースポーツなどが報じた。サンスポは、10月1日にも就任要請すると伝えている

2012年から指揮を執った和田監督の成績は、5位→2位→2位。2014年はクライマックスシリーズで優勝チームの巨人に4連勝して日本シリーズに進んだが、2015年は球団創立80周年で、10年ぶりの優勝を期待されたものの、終盤に失速して優勝の可能性はすでに消えた。30日に球団に今シーズン限りでの辞任を申し入れ、了承された

金本氏は広島から2002年オフにFAで阪神に入団。主砲として2003、2005年の優勝に貢献した。2012年オフに現役を引退したが、1999年から2010年まで1492試合連続フルイニング出場の世界記録を持ち、「鉄人」「兄貴」の愛称でファンに絶大な人気を得た。スポニチは、現役選手からも人望が厚く、「改革を求められるチームを託すには最適の人物」と評している。

一方で金本氏本人は、9月29日に出演したラジオ番組で、監督就任について問われ「重大発表があります。来季、亀山努さんが阪神の新監督になります」と煙に巻くなど、公にはコメントしていない。スポーツ各紙は、OBでファンに絶大な人気のある掛布雅之・育成&打撃コーディネーター、OBで2004~2008年に監督を務めた岡田彰布氏も候補として挙げている。

Photo gallery 1980年代のホームランバッター写真集 See Gallery
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています