NEWS
2015年12月20日 02時21分 JST | 更新 2015年12月20日 02時27分 JST

オーケストラにタイプライター!? 驚くべき使い方が楽しすぎる【動画】

パチパチパチパチパチパチパチ、パチパチ、チーン、ジー♪

あるFacebookユーザーが11月27日に投稿した動画が、300万回再生を超えた。そこには、オーケストラでタイプライターを打つ男性の姿が映っていた。

これは、アメリカの作曲家であるルロイ・アンダーソンが1950年に発表した「タイプライター」という楽曲。実際にタイプライターが楽器として使われており、キーをタイプする音や、紙を送るシリンダーを次の行に戻す音などが、譜面に記載されている

コンサートなどで頻繁に演奏される人気曲で、演奏者による演奏前のパフォーマンスも楽しめる。見ている方も、ついつい指が動いてしまいそう。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています