NEWS
2016年02月16日 20時23分 JST | 更新 2016年02月16日 20時51分 JST

「レッサーパンダの赤ちゃんを保護したよ」。ミャンマー国営紙の写真が、完全に別の生き物

Global New Light of Myanmar

ミャンマーの報道が、世界から疑いの目を向けられている。

国営英語紙「グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー」は2月16日、ミャンマー東部のシャン州でレッサーパンダの赤ちゃんが保護され、マンダレー市の動物園に寄贈されたと報道した。しかしそこに掲載されたのは真っ黒な生き物。赤いレッサーパンダが似ても似つかない姿だった。

strangepanda
同紙が報じた「レッサーパンダの赤ちゃん」の記事


AFP通信によると、ミャンマーの野生動物保護局の匿名関係者は「写真を見る限り、これはレッサーパンダではない。ミャンマーによくいるヒマラヤグマだ」と指摘。パンダがシャン州で見つかることはなく、「レッサーパンダならミャンマー北部にはいるが、どのくらい生息しているかは分からない」とコメントしたという。

lessar panda

こちらは本物のレッサーパンダ


良かった……。真っ黒なレッサーパンダなんていなかったんだ。

【関連記事】

▼クリックすると画像集が開きます▼

Photo galleryレッサーパンダの画像集 See Gallery


ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています