NEWS
2016年05月24日 14時18分 JST

今市女児殺害事件の被告弁護士、盗撮の疑いで逮捕【栃木】

Camera lens detail, front glass of wide angle photography DSLR camera lens, macro shot
stevanovicigor via Getty Images
Camera lens detail, front glass of wide angle photography DSLR camera lens, macro shot

栃木県警は24日、女性のスカートの中を小型カメラで盗撮した疑いで、宇都宮市の弁護士の男(43)を逮捕した。男は、栃木県旧今市市(日光市)で2005年12月に小学校1年生の女児(当時7歳)が誘拐・殺害された事件の被告の弁護人を務めていた。NHKなどが報じた。

弁護士の男は4月30日の夜、小山市のJR小山駅構内のエスカレーターで女性(31)のスカートの中を盗撮したなどの疑いが持たれている。盗撮に気づいた女性が声をかけた際、男はその場を立ち去ったが、5月5日になって栃木県警小山署に自首したという。

逮捕された男は栃木県弁護士会の副会長も経験、小山市の白鴎大学法科大学院の非常勤講師も務めていた

旧今市市の女児殺害事件では4月8日、宇都宮地方裁判所が被告に無期懲役の判決を言い渡し、被告が控訴している。男は被告の裁判員裁判の弁護団に加わっていた。