bengoshi

昨今の不穏な世界情勢にどこか落ち着かない日常を過ごす時、弁護士という仕事から得た経験や教訓を役立てられないか。そう思い、私自身が普段心を平穏に保ち、仕事に臨む時の習慣を振り返ってみた。
通知はロンドン市内に弁護士事務所を持つクリスティン・リー氏について、中国共産党の中央統一戦線工作部(UFWD)と「秘密裏に連携」し、政治家への献金に関与してきたと指摘しました。
秋篠宮家の眞子さまと年内結婚の調整が進められていると報じられた小室圭さん。ニューヨーク州の司法試験を受験後、「NYの法律事務所への就職の見通しも立った」という。日本でも人気のNY州の司法試験だが、日米の違いは何か。弁護士のライアン・ゴールドスティンさんが解説します。
処分を受けた古沢弁護士は、自身の事務所に所属していた男性弁護士(35)に「パワハラを受けた」などとして慰謝料などを求められていた。
弁護士の塩崎彰久さんは、新型コロナ民間臨調で共同主査を務めた。政策起業にどんな思いで取り組んでいるのか?聞いた。
【政策起業ケーススタディ第2回】弁護士という専門性が政策起業に活かせる大きな可能性とは?
聴こえない母を支えてくれた、聴こえる伯母。きょうだいが抱く葛藤を知って気づいたこと。
どれも「当たり前」に感じるかもしれない。しかし、こうした心がけの共有がよい循環が生むのだろう。
主任の河津博史弁護士は当面、弁護人を続けるという。
最後に弁護士証を見せ「私のものではなくなるかもしれません」と笑ってみせた。