bengoshi

弁護士の塩崎彰久さんは、新型コロナ民間臨調で共同主査を務めた。政策起業にどんな思いで取り組んでいるのか?聞いた。
【政策起業ケーススタディ第2回】弁護士という専門性が政策起業に活かせる大きな可能性とは?
聴こえない母を支えてくれた、聴こえる伯母。きょうだいが抱く葛藤を知って気づいたこと。
どれも「当たり前」に感じるかもしれない。しかし、こうした心がけの共有がよい循環が生むのだろう。
最後に弁護士証を見せ「私のものではなくなるかもしれません」と笑ってみせた。
番組の名前や説明文も変えられるなど、改ざんは約3時間にわたって続いたとみられる
過熱する報道陣に対しては「どんな著名人にも心やすらぐ場所が必要」と呼びかけた。
原告の訴えを全て棄却しますーー。 鈴木正紀裁判長が淡々と話すと、傍聴席にはため息が漏れた。 ゲイであることを同級生に暴露(アウティング)された一橋大の法科大学院生(当時25歳)が、2015年8月に校舎から転落死した事件。学校が適切な対応をし
11月は過労死等防止啓発月間です。