「ソーラー・インパルス2」 ソーラー飛行機が初めて世界一周

太陽光エネルギーだけを動力とする飛行機が、初の世界一周に成功した。

太陽光エネルギーだけを動力とする飛行機が、初の世界一周に成功した。ロイターなどが報じた。「ソーラー・インパルス2」が7月26日、最終目的地のアラブ首長国連邦のアブダビに着陸した。2015年3月9日に同地を出発して以来、約4万キロを500時間近くかけて飛行した。

※以下のスライドショーが見られない方はこちらへ。

JOHANNES EISELE via Getty Images
JOHANNES EISELE via Getty Images
JOHANNES EISELE via Getty Images
JOHANNES EISELE via Getty Images
JOHANNES EISELE via Getty Images
JOHANNES EISELE via Getty Images
ASSOCIATED PRESS

当初の旅の予定は5カ月だったが、悪天候に見舞われ途中で足止めされた。2015年6月1日には中国・南京からハワイに向けて飛行中に、愛知県豊山町の県営名古屋空港に緊急着陸する場面もあった

ソーラー・インパルス2は、ベルトラン・ピカール氏(58)とアンドレ・ボルシュベルク氏(63)の2人のスイス人飛行士が交代で操縦した。公式サイトでは「この機体は乗客ではなく、メッセージを運ぶために造られた。実在する代替エネルギー源と新技術で、不可能と思われていたことを達成できると示すのが狙いだ」としていた。

最後のフライトを務めたピカール氏は「エネルギーの歴史で初めてのことをした。ソーラー・インパルス2は、未来をクリーンにするための始まりにすぎない」と着陸後、Twitterに投稿している。

パイロットみずから撮った空撮画像

|

注目記事