NEWS
2016年09月14日 23時14分 JST | 更新 2016年09月14日 23時17分 JST

三菱商事、ローソンを子会社化 コンビニ2強に対抗

三菱商事は、大手コンビニ・ローソンの株式を1500億円前後を投じてTOB(株式の公開買い付け)で買い増しし、子会社化する方向で最終調整に入った。

Kim Kyung Hoon / Reuters
A man walks by signboard of a Lawson convenience store in Tokyo July 3, 2008. REUTERS/Kim Kyung-Hoon (JAPAN)

三菱商事は9月15日、コンビニエンスストア3位のローソンを子会社化することで最終調整に入った。TOB(株式公開買い付け)を通じて、1500億円前後を投じ現在33%の持ち株比率を過半数に高める。週内にも正式決定する。産経ニュースなどが報じた。

三菱商事が持つ海外の食品調達力や店舗開発ノウハウ、電力小売りなどの機能を総動員する。収益基盤の強化で、コンビニの上位2社を追撃すると同時に海外展開を加速する。

三菱商事は資源価格の低迷で今年3月期の連結決算で創業以来初の最終赤字に転落し、資源以外の非資源強化を急いでいる。中でもグループ戦略強化の一環で子会社の経営権を取得し、経営への関与を高める戦略を打ち出している。

 

三菱商事がローソンに出資拡大し子会社化 1500億円投じてコンビニ2社追撃へ - 産経ニュースより 2016/09/15 09:15)

コンビニ業界は首位のセブン-イレブン・ジャパンが独走。ローソンは、ファミリーマートとサークルK、そしてサンクスを傘下に持つ「ユニー・ファミリーマートホールディングス」に抜かれ、店舗数でコンビニ業界3位となり、競争力の強化が課題になっている

三菱商事は15日、ローソンの子会社化について「検討しているが決定していない」とのコメントを発表。ローソンも「三菱商事から子会社化の提案があり、現在検討中」と発表した

▼画像集が開きます▼

Photo gallery ユニクロビジネスの軌跡 写真集 See Gallery

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。