安室奈美恵の引退で小室哲哉が心境「何とも言えない寂しさ感じるの初めて」

安室は「小室ファミリー」の筆頭として時代の頂点に立った。
小室哲哉
小室哲哉
Getty Images for Louis Vuitton

音楽プロデューサーの小室哲哉が9月21日、来年9月での引退を表明した歌手の安室奈美恵に対する思いを公式Twitterで初めて明かし「何とも言えない寂しさを感じるのは初めて」と綴った。

これからいよいよブレイクして行くのだなあという瞬間に立ち会えてから20年、あらゆる奇跡を起こし、足跡を残し、そんな姿を誇らしく思い、そして、あと1年で卒業という現実を知る。

このプロセスはなかなか味わう事はないでしょう。

奈美恵ちゃんには、最高の日々を過ごしてもらいたいです。

— Tetsuya Komuro (@Tetsuya_Komuro) 2017年9月21日

安室はソロデビュー3作目の「Body Feels EXIT」(1995年)から、小室哲哉がプロデュースした歌手、通称「小室ファミリー」の一員となってミリオンヒットを連発し、90年代にJPOP界の頂点に君臨した。

2001年以降は小室プロデュースを離れているが、「CAN YOU CELEBRATE?」を筆頭にした、安室のシングルCD歴代売り上げトップ10の楽曲のうち、デビュー曲の「TRY ME 〜私を信じて〜」を除くすべてが小室哲哉プロデュースとなっている。