笑顔、悲しみ、驚き。人間みたいな表情をする犬たちに癒される

犬っていつも同じ顔をしている?まさか!

犬はいつも同じ顔をしている、と思っている?

モスクワで活動する写真家のアレキサンダー・ホフロフさんと妻のヴェロニカ・エルショワさんによるフォトシリーズ「The Dog Show」を見てほしい。

ふたりの写真には、驚くほど人間に似た表情をする犬たちが捉えられている。

ウィンクしながらぺろっと舌を出しているのは、ペルシャグレイハウンドのマーセイル。絵文字みたいな表情。

お団子ヘアが可愛いオールド・イングリッシュ・シープドッグのグランドは、人間顔負けのおしゃれさん。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの笑顔には、金メダルをあげたい。

見事な腕前のホフロフさんだが、自身も犬たちの表情によく感動させられるそうだ。

「洗脳されたような表情、つまらなさそうな表情、疑うような表情、ずる賢い表情、我がままな表情、にこにこ、にやにや、ウィンク、悲しみ、幸せ......。犬たちは本当に色々な顔をします。まだ撮影は続いているから、もっと色々な表情を撮りたい」

「The Dog Show」は、ヨーロッパの国際写真コンテスト「Prix De La Photographie」で銀メダルを獲得した。

犬たちの笑いや悲しみの表情は、人間の心も動かす。いい顔をみせてくれたわんこたちを、一緒に見てみよう。

レイチェル(ハスキー)

タタ(プードル)

フレビー(バセット・ハウンド)

アデル(メキシカン・ヘアレス・ドッグ)

ヴェンヤ(ウェルシュ・コーギー)

ジョージ(ボルドー・マスティフ)

マイケル(ドイツ・ワイアーへアード・ポインター)

レイナ(ホイッペット)

オードリー(イングリッシュ・ブルドッグ)

トラ(アフガン・ハウンド)

ナヴァラ(ブル・テリア)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。