NEWS
2017年12月22日 11時15分 JST | 更新 2017年12月22日 15時55分 JST

「トイレに急いで...」高速で168キロ、女性教諭が爆走⇒懲戒処分

スピード違反での懲戒処分は過去30年間で初めてです。

※写真はイメージです。
Jason Lee / Reuters
※写真はイメージです。

高速道路を168キロで走行したとして、千葉県立千葉工業高校の女性教諭が戒告の懲戒処分となった。

運転中に急いでいると、ついついスピードを出したくなってしまうこともあるが、一体どんな事情があったのか。その理由は、「トイレに行くため急いでいた」からだった。

産経ニュースによると、教諭は7月8日、新潟県小千谷市の関越自動車道下り線で車を運転中、制限速度を68キロ超える168キロで走行。最寄りのインターチェンジまで残り約3キロの地点で、後日、道交法違反(速度超過)容疑で警察に摘発された。

教諭は、11月9日に千葉簡裁から罰金9万円の略式命令を受けた。免許停止90日の行政処分を受けた。

これを受けて千葉県教委が12月21日、教諭を戒告の懲戒処分とした。速度超過で懲戒処分となったのは少なくとも過去30年間で初めてだという。県教委は「超過幅が大きく、危険性が高かったことを重くみた」と、千葉日報の取材に対して話している。

ハフポストの記事をもっと読む

営業なのに内勤。その仕組みに惹かれて商社から『DELL』へ 34歳の営業部長が語る大きな数字をつくる魅力 [Sponsored]

「誰もが生きやすい社会」、NPOじゃなくてビジネスで。DeNAの部長を辞めてまで、新しい会社でやりたかったこと。[Sponsored]