アート&カルチャー
2018年01月12日 18時34分 JST | 更新 2018年01月13日 07時51分 JST

「あなたはそれでも美しい」なんて言葉、いらない。 ニキビ顔のインスタグラマーが教えてくれること

「美しいだけが全てじゃない」

アメリカ・コロラド州に住む17歳の少女が投稿したInstagramが、若い女性たちの間で話題になっている。

その女性とは、アーティストのヘイリー・ウェイトだ。

彼女は、顔のニキビを化粧などで隠すことなく、自分の素顔をアップしている。その姿がフォロワーに勇気を与えている。

ヘイリーは雑誌「コスモポリタン」のインタビューで、ニキビが原因でいじめられた体験を告白している。

「『ピザみたいな顔』って言われたり、これだけニキビがある人は生きる価値なんてない、とまでも言われたこともあった」

ヘイリーは、最初からニキビ顔をそのままアップしていたわけではなかった。最初は「加工」した顔を投稿し、徐々にニキビを露わにしていった。

過去の経験から「ニキビで悩む人の力になりたい」とInstagramに素顔を投稿しはじめたヘイリーは、こんなふうに訴える。

------

「これは私に注目してほしくてやってることじゃない。同情してほしいわけでもない」

「私の投稿に対して、『それでもまだあなたは美しい』なんてコメントする人がいるわ。でもそんなコメントをする必要ないの。だって、『美しさが全てではない』から」

「私は私のパーソナリティーを持っているの。地球にいる全ての人が持っているように、感情もある。私は『泣くには可愛すぎる』わけでもないの。私の悩みは悩んで正当だし、みんな悩む資格があるの」

「あなたたちは悩んで正当だということに気づいてほしい。泣いて、感じていいの。あなたは"可愛くはなれない"いうことを恐れなくてもいい。人からどう美しく見られるかは関係なく、みんな美しいから」

「あなたの感情に、真摯に向き合いましょう」

------

彼女の投稿に対しフォロワーからは、「あなたは綺麗だと心から思うし、何よりもあなたは、あなたという美しいパーソナリティーと、試練を乗り越えていこうとする強い意志を持っている。応援しています」と称賛する声が上がっている。また韓国や中国などアジアの女性からも、「とても綺麗です」「応援しています」など多くのコメントが寄せられた。

またニキビをめぐっては、「世界一稼ぐアメリカ人モデル」、ケンダル・ジェンナーがこんなツイートをした。

Mario Anzuoni / Reuters

「あんな奴ら(ニキビ)に負けないで!」

洋の東西を問わず、ニキビは悩みのタネになりがちだ。でも、そのままでいいという応援団も、たくさんいる。

ヘイリー自身も、今はまだ自分自身を愛する「途中」だという。それでも、彼女の発信は自分の「不完全さ」に真摯に向き合うことの大切さを、私たちに教えてくれる。

lbo

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp

ハフポストの記事をもっと読む

「あなたはそれでも美しい」なんて言葉、いらない。

HUFFPOST JAPAN