ライフスタイル
2018年01月15日 16時31分 JST | 更新 2018年03月07日 13時01分 JST

マドンナと娘の「わき毛」に注目集まる。セレブに学ぶ、自分の身体を「選択」することの意味

「長いわき毛…気にしない!」

アメリカ出身の歌手マドンナがInstagramに投稿した写真が、注目を集めている。

1月1日に投稿された写真は、マドンナさんと娘ローデスさんの2ショット。

仲睦まじい親子写真の中で、ひときわ目を引くのはローデスさん「未処理のわき毛」だ。

Madonnaさん(@madonna)がシェアした投稿 -

この投稿に対してフォロワーからは、「何を考えているんだ?」「不潔」といった否定的なコメントが寄せられる一方、「最高にセクシー」「綺麗です!」「なぜ自分は脇毛を剃るのか不思議だ。(剃らなくても)素敵じゃないか!」など絶賛の声が数多く上がっている。

マドンナさん自身も以前、Instagramで「未処理のわき毛...気にしない!」と言葉を添え、処理していないわき毛を披露する写真を投稿。

「ナチュラルでいる精神」は、娘ローデスさんにもしっかり受け継がれていたようだ。

Long hair...... Don't Care!!!!!! #artforfreedom #rebelheart #revolutionoflove

Madonnaさん(@madonna)がシェアした投稿 -

「わき毛を剃ったり、隠したりする必要はないのでは?」

現在ファッションや広告業界では、女性のありのままの姿を奨励する「ボディ・ポジティブ」のムーブメントが広がりを見せている。

わき毛を剃ったり、隠したりする必要はないのではないか。女性のわき毛処理をめぐる議論も、ボディ・ポジティブのムーブメントの一つとしてたびたび起きている。

人気モデルのジジ・ハディッドも2017年12月、英ファッション誌LOVEが毎年行っているクリスマス企画「アドベントカレンダー」に参加し、未処理のワキ毛を公開した。

このような一連の動きは、「社会が求める女性の美しさ」や「毛がない=美しくて清潔で魅力的という前提」を一度疑ってみることの必要性を訴えているのかもしれない。

​​​​​​​​​​​​​​

lbo

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp