NEWS
2018年02月19日 11時33分 JST | 更新 2018年02月19日 11時33分 JST

カーリング混合ダブルスで銅メダルのOAR選手、ドーピング検査陽性か 海外で報道

競技力向上の効果がある禁止薬物メルドニウムが検出されたという

平昌銅のOAR選手、ドーピング検査陽性か 海外報道

 ロシアからの五輪選手(OAR)の1人がドーピング検査で陽性反応を示したと、タス通信などが18日報じた。OARの広報担当者が明らかにしたという。

 AP通信などによると、陽性反応を示したのはカーリング混合ダブルスで銅メダルを獲得した男子のアレクサンドル・クルシェルニツキー。競技力向上の効果がある禁止薬物メルドニウムがA検体から検出されたという。予備のB検体の検査結果は19日にも分かる見通し。

 IOCは「これが確定したら、閉会式までにロシア・オリンピック委員会の資格停止の解除を検討するグループが、(解除がふさわしいか)議論するだろう」との声明を出した。

 ロシアは組織的なドーピングの不正で、潔白と認められた168選手が個人資格のOARで平昌五輪に参加している。(笠井正基)

(朝日新聞デジタル 2018年02月19日 01時04分)

関連ニュース