NEWS
2018年02月21日 17時31分 JST | 更新 2018年02月21日 17時31分 JST

ムーミン谷、どこに? ⇒フィンランド外相の回答が胸熱すぎる

エモい...。

フィンランドのティモ・ソイニ外相が2月21日、日本記者クラブで記者会見を開いた。駐日フィンランド大使館の公式Twitterは、記者会見中に記者から「ムーミン谷のありか」について質問が及び、ソイニ外相が胸に手を当てて「心の中に」と答える一幕があったと紹介している。

物議醸した「ムーミン問題」とは?

ムーミン谷のありかをめぐっては、1月13日に行われたセンター試験の地理Bに登場した「ムーミン問題」が大きな波紋を呼んだ。

設問では、ノルウェーとフィンランドが舞台のアニメとして『ムーミン』と『小さなバイキングビッケ』の絵を見せ、両国の言語で書かれたカードとの正しい組み合わせを答えさせた。センターは『ムーミン』とフィンランド語の組み合わせを正解とした。

しかし、作者のトーベ・ヤンソンはフィンランド出身ではあるものの、『ムーミン』の舞台は架空のムーミン谷であることから、「フィンランドではないのでは」との指摘などが相次ぎ、北欧の研究者らを巻き込む大きな論争に発展した。

時事通信社
大学入試センター試験地理Bの問題に登場した「ムーミン」などのアニメ作品