NEWS
2018年03月09日 16時02分 JST | 更新 2018年03月09日 16時03分 JST

MIYAVIが朽木白哉役に。「BLEACH」映画版のキャストが明らかに

死神界の掟を破ったルキアを現世から連れ戻すために、一護たちの前に現れる。

AFP=時事
MIYAVIさん

実写『BLEACH』に吉沢亮、早乙女太一、MIYAVI 新キャスト発表

俳優の福士蒼汰主演で久保帯人氏の人気漫画を実写化する映画『BLEACH』(佐藤信介監督 7月20日公開)の新たなキャストが9日、明らかになった。主人公・一護(福士)を目の敵にするクラスメイトの石田雨竜役で吉沢亮、一護を狙う敵・阿散井恋次役で早乙女太一、朽木白哉役でMIYAVIが出演する。

同作は、霊が見えること以外は普通の高校生・一護が、ある日突然現れた死神と名乗る・朽木ルキア(杉咲花)から、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>という悪霊たちと戦う物語。

『銀魂』(17年)の沖田総悟をはじめ、今年は『リバーズ・エッジ』、『ママレード・ボーイ』などの漫画実写作品に連続出演する吉沢が演じるのは、一護のクラスメイトで成績優秀な雨竜。実は死神を嫌っており、一護を含む死神に対抗する"滅却師(クインシー)"という種族の生き残り。弓状の武器を使用し、今回解禁されたビジュアルでもその武器を持ち、戦いの最中なのか鋭い眼光で獲物を見つめるシーンが収められている。

恋次役の早乙女は、長い赤髪を結んでおり、眉毛から額、首から上半身にかけて派手な刺青を入れている。ルキアとは幼なじみ、ルキアの兄・白哉の部下でもある役どころで、死神界の掟を破ったルキアを連れ戻すため、一護に対して刀を向ける。一護を演じる福士とは、劇団☆新感線の舞台『髑髏城の七人Season月』で共演しており、殺陣のアクションシーンに期待がかかる。

ギタリスト以外に俳優としても活躍するMIYAVIが演じる白哉は、冷静沈着かつ厳格な性格、死神の中でも血筋・実力ともに抜きん出た存在。死神界の掟を破ったルキアを現世から連れ戻すために、一護たちの前に現れる。今回解禁となるビジュアルでは、白哉が自身の刀を引き抜いたシーンが披露された。

【関連記事】