NEWS
2018年03月22日 09時19分 JST | 更新 2018年03月22日 09時19分 JST

『ラブライブ!』が沼津市長を追悼「ファンの交流に尽力していただいた」

作品の聖地として、多くのファンが訪れていました。

ラブライブ!の公式サイトより

静岡県沼津市の大沼明穂(おおぬま・あきほ)市長が3月21日に急死したことを受けて、同市が舞台となっている人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」が公式Twitterで追悼メッセージを出した。

ツイートは「市長には当作品についても深く理解を示して頂き、地元の方々をはじめ、県内外のファンの方々との交流にもご尽力頂いておりました」と市長の協力に感謝した上で、哀悼の意を表した。

「プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!」と結んでいる。

大沼市長らは、「聖地巡礼」に訪れる多くのアニメファンに向けて、街おこしに力を入れていた。作品に登場する声優グループをPR大使に任命するなど、ファンを巻き込んだイベントで盛り上がりを見せていた。

このツイートに対して「沼津が受け入れてくれたからこそ、これだけ作品を楽しむことができた」「これからは作品、ファンの人たちで大沼市長の愛した沼津を盛り上げて、恩返ししないといけない」などと、作品のファンからも追悼メッセージが寄せられた。

毎日新聞によると、大村市長は3月21日朝、自宅で倒れていたところを公務出席のため市内の自宅に迎えにいった市職員に発見された。救急搬送先の同市立病院で死亡が確認された。死因は小脳出血で、58歳だった。