NEWS
2018年04月23日 20時01分 JST | 更新 2018年04月23日 20時01分 JST

不審者は「星野源に似た男」 地域住民にメール送った警視庁が謝罪

「風評被害」「不適切すぎるでしょ」と非難する声が続出

keishicho.metro.tokyo.jp
「メールけいしちょう」の公式サイトより

不審者の特徴は「星野源に似た男」。地域住民にそんなメールを送った警視庁が訂正を出した。

4月20日、東京都練馬区で女子中学生のスカートを男が無言でまくりあげる事件が発生した。警視庁が住民らに「メールけいしちょう」で周知した際、不審者の特徴としてミュージシャンの星野源さんに似ていると記載していた。

NHKニュースによると警視庁は22日、内容を修正したメールを送り直し、最初のメールの破棄を呼びかけた。

メールの文面は、光が丘署の署員が女子生徒の目撃情報をもとにして作成した。上司が内容を確認して配信したが、外部から「個人名を出すのは不適切」などと指摘があったという。警視庁はNHKに対して「内容のチェックが不十分だった。関係者におわびしたい」と話している。

今回の件について、ネット上では「風評被害」「不適切すぎるでしょ」と非難する声が続出。「星野源に似ているって人は、大抵似てない」という指摘もあった。

当初送られていたメールの文言は以下の通り。

-------

4月20日(金)、午後3時00分ころ、練馬区北町8丁目の路上で、生徒(女)が帰宅途中、男に体を触られました。

■声かけ等の内容

・無言で女子生徒のスカートをまくり上げたもの。

■不審者の特徴

・年齢20歳代、黒と白色のパーカー、黄土色ズボン、メガネを掛け、黒色リュックサックを背負った小柄で、星野源に似た男