NEWS
2018年04月23日 20時54分 JST | 更新 2018年04月23日 20時58分 JST

財務次官のセクハラ問題、自民・下村博文氏が「隠しテープを週刊誌に売ってある意味犯罪」と発言→撤回・謝罪

4月22日、東京都内での講演で発言していた。

下村博文氏=2017年6月29日
Asahi
下村博文氏=2017年6月29日

自民・下村氏「週刊誌に売ること自体がある意味で犯罪」

 財務事務次官のセクハラ問題で、共産党は23日、自民党の下村博文・元文部科学相が「隠しテープで撮っておいて、テレビ局の人が週刊誌に売るってこと自体がある意味で犯罪だと思う」と講演で述べた音源を報道陣に公表した。下村氏は同日夕、発言を認めたうえで撤回、謝罪した。

 共産党によると、講演は22日に東京都内で行われた。同党が独自に入手した音源では、下村氏はセクハラ発言をしたとされる福田淳一・財務次官は「はめられた」とし、被害女性について「ある意味で犯罪」などと述べた。

 共産の小池晃書記局長は23日の会見で「被害者を加害者扱いしているとしか取れない発言だ。自民党そのものの責任も問われる」と批判。下村氏は同日、「『ある意味犯罪』と述べたのは表現が不適切でした。素直に撤回するとともに謝罪いたします」とするコメントを発表した。

(朝日新聞デジタル 2018年04月23日 20時16分)

関連ニュース