NEWS
2018年05月17日 15時43分 JST | 更新 2018年05月17日 15時46分 JST

〈西城秀樹さん死去〉黒柳徹子「YMCAをみんなでやったこと、忘れません」 『ザ・ベストテン』の思い出ふり返る

「出演者のなかで、ダントツに歌がうまかった。」

黒柳徹子、西城秀樹さん悼む 『ザ・ベストテン』での共演回顧「ダントツに歌がうまかった」

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のために死去した。63歳だった。西城さんの訃報を受け、『ザ・ベストテン』の司会を務めた女優・黒柳徹子(84)が17日、所属事務所を通じてコメントを発表した。

 書面では「西城秀樹さん」の書き出しで「ザ・ベストテンの出演者のなかで、ダントツに歌がうまかった。YMCAをみんなでやったこと、忘れません」と、西城さんとの共演を振り返り「最後に会ったとき、足をひきずって歩いてたのが気になったけど、『頑張りますね』と仰って私の勇気にもなった。残念です」と思いをつづった。

 『ザ・ベストテン』が放送開始された1978年1月当時、すでにトップスターだった西城さんは、第1回放送から「ブーツをぬいで朝食を」がランクイン。その後も出す曲が次々とランクインし、番組の常連となった。

 中でも最大のヒットとなったのが1979年2月発売の「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」。当時、TBSのスタジオにはハチマキ姿の女性ファンが集結し、小さな円形ステージに立って歌う西城さんを取り囲んで大いに盛り上がった。

 そして1979年4月5日には、番組史上最高得点となる「9999点」を記録(翌週4月12日にも「9999点」)。ハガキによるリクエスト、レコード売上げ、各地のラジオ放送局でのランキング、そして有線放送のランキングという4つの要素で得点が決定する同番組で「9999点」というのは、番組終了時まで誰も超えられない偉大な記録となった。

■以下、コメント全文

西城秀樹さん

ザ・ベストテンの出演者のなかで、ダントツに

歌がうまかった。YMCAをみんなでやったこと、忘れません。

最後に会ったとき、足をひきずって歩いてたのが

気になったけど、「頑張りますね」と仰って

私の勇気にもなった。残念です。

黒柳徹子

【関連記事】