ライフスタイル
2018年05月30日 12時05分 JST | 更新 2018年05月30日 12時05分 JST

Tシャツ付きシャツって何?しかも16万円。バレンシアガの新作がツッコミどころ満載

考えようによっては、意外と便利かもしれません。

高級ファッションブランド「バレンシアガ」の新作シャツが斬新だと話題になっている。

2018年秋コレクションで発表した「Tシャツ シャツ」は、Tシャツの前に、長袖のシャツがついている。

BALENCIAGA

ウェブサイトに書かれた説明によると「ショートスリーブとロングスリーブの2通りの着こなしができるストライプ柄のシャツ」だ。

つまり、「ストライプのシャツが前にぶら下がったTシャツ」としても「Tシャツが後ろにぶら下がったストライプのシャツ」としても着られる、ということだろうか。

奇抜なデザインだが、考え方によっては便利かもしれない。

例えばこんなシチュエーション。Tシャツを着て出かけたら、突然フォーマルなイベントに誘われた。でも慌てなくていい。前に付いているシャツに着替えれば、あっという間にフォーマルな装いだ......。

BALENCIAGA

値段は159,840円。高級ブランドのシャツとTシャツ2枚分と思えば安いという考え方ができる(かもしれない)。

「Tシャツ シャツ」には、ソーシャルメディアでたくさんの人たちがツッコミを入れている。

「バレンシアのシャツ冗談だと思ったんだけれど、本当に売られてる。しかも1290ドル」

「バレンシアガが、おかしくなってる笑」

「バレンシアガには酔っ払っているデザイナーがいて、次々に人をおちょくるデザインを発表しているとしか思えない」

「バレンシアガのデザイナーは、人間で社会実験をやっている」

「グッチやルイヴィトンにお金を払うのは構わない。でもこれ...?」

「このモデルは、こんな撮影やりたくないって思ってるかも」

中には自作した人も。

「へい、バレンシアガ。自分でダブルシャツを作って見たよ。数千ドルもかからなかった!」

Tシャツにシャツをつけるだけであれば、簡単にできるかもしれない。

バレンシアガは1年前に、IKEAの約100円のビニール製バッグとそっくりのバックを約20万円で売り出し、話題になった

そのほかにも、車用フロアマットそっくりのスカートなど、奇抜なデザインを発表することで知られる。

賛否両論あるけれど、ソーシャルメディアでの話題作りという点では「Tシャツ シャツ」は成功したと言ってよさそうだ。