NEWS
2018年07月03日 04時17分 JST | 更新 2018年07月03日 06時58分 JST

2-3でベルギーに惜敗。日本は史上初のベスト8入り逃す(サッカー・ワールドカップ試合速報)

後半のアディショナルタイムに勝ち越しゴールを許しました。

Toru Hanai / Reuters
日本対ベルギー戦

サッカーのワールドカップ・ロシア大会で、決勝トーナメント1回戦の日本対ベルギー戦(日本時間7月3日未明キックオフ)は、2-3で日本が敗れた。日本は世界ランキング3位の強豪相手に善戦したが、史上初のベスト8入りを逃した。

0-0で折り返した前半から一転、後半に試合が大きく動いた。原口元気と乾貴士が開始直後にゴールをあげ、日本が2-0とリード。ところが後半20分以降、ベルギーのフェルトンゲン、フェライニに相次いでゴールを奪われ、同点に追いつかれた。

日本とベルギーはその後も激しい攻防を続けたが、互いに決定打に欠き、延長戦に突入するかに思われた。しかし、後半終了直前のアディショナルタイムに、試合がまた動いた。ベルギーが怒涛の速攻から、シャドリのゴールで勝ち越した。

試合はそのまま終わり、ベルギーが3-2で勝利。2大会連続となるベスト8に駒を進めた。

〈試合経過〉

後半3分(日本):柴崎からの絶妙のスルーパスにトップスピードで走り込んだ原口が、ドリブルでペナルティエリア内まで持ち込み、ゴール左隅に押し込んだ。

後半7分(日本):香川のパスを受けた乾がペナルティーエリア手前から右足を振り抜き、右隅のサイドネットを揺らす追加点を奪った。

後半24分(ベルギー):ペナルティエリア左でクリアボールに反応したDFフェルトンゲンが、ヘディングシュートで1点目をあげた。

後半29分(ベルギー):FWアザールのクロスにMFフェライニが頭で合わせ、同点ゴール。

後半49分(ベルギー):カウンターからMFムニエの右クロスを受けたMFシャドリが、フリーで持ち込んで勝ち越しゴール。