NEWS
2018年07月06日 18時50分 JST | 更新 2018年07月06日 18時51分 JST

ナゴヤドームでまさかの事態。野球用具が届かず、ヤクルト戦が中止。

記録的大雨の影響で、ヤクルトの用具運搬車の到着が遅れました。

Koichi Kamoshida via Getty Images

7月6日に予定していたプロ野球・中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズに試合が、突然中止となった。ストライキ?交通機関の乱れ...?なんと、ヤクルト側の用具が時間通りに届かなかったというのだ。

中日ドラゴンズが公式Twitterによると、日本の広い範囲を襲った記録的大雨の影響で、ヤクルトの用具運搬車に到着が遅れ、試合が開催できなくなった。

選手のストライキや災害により試合が中止になるケースは耳にするが、用具到着の遅れで中止になるのは聞いたことがない。

実は、同じ理由で中止になった試合は過去にもあった。1979年7月13日の日本ハム対南海(現ソフトバンク)戦では、東名高速道路日本坂トンネルの事故の余波による渋滞で用具が届かなかった。今回でプロ野球史上2度目だという。

また、ナゴヤドームの試合が中止になるのは、選手会のストライキのため開催されなかった2004年9月18、19日の中日対巨人戦以来だという。

中日ドラゴンズは公式サイトで、7月6日の観戦チケットの払い戻しなどの対応について、詳細が決まり次第案内するとしている。