NEWS
2018年07月10日 17時01分 JST | 更新 2018年07月10日 17時02分 JST

クリンスマン氏の代表監督就任「99%ない」「会ったこともなく寝耳に水」 田嶋会長

7月中の決定を目指すとしていたが、期限にはこだわらない考えも示した。

朝日新聞社
日本サッカー協会の田嶋幸三会長=2018年7月5日

クリンスマン氏の代表監督就任「99%ない」 田嶋会長

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は10日、成田空港で報道陣の取材に応じ、次期日本代表監督として一部で名前が挙がったユルゲン・クリンスマン氏について、「99%ない。会ったこともなく、どこから名前が出たのか。寝耳に水」と、交渉や就任の可能性を否定した。

 現在は英国BBCでワールドカップ(W杯)ロシア大会の解説者を務めるクリンスマン氏も、7日に自身のツイッターで、「日本に関するうわさは真実ではない」と否定していた。

 また、田嶋会長は同じく一部で名前が挙がったアーセン・ベンゲル氏については、先日までロシアに滞在していた間に会話したことを明かした。「今は少し休みたいと話していた」という。

 日本代表監督は、ロシア大会で16強に導いた西野朗監督が7月末に退任する見込み。日本サッカー協会は、20日の技術委員会で次期監督について条件などを協議する予定。

 田嶋会長は日本人、外国人どちらにもこだわらず、「日本の発展に寄与してくださる人ならばいい」と話した。7月中の決定を目指すとしていたが、期限にはこだわらない考えも示した。

(朝日新聞デジタル 2018年07月10日 15時33分)

関連ニュース