kantoku

新型コロナの影響で大きなダメージを受けるミニシアターを救うべく、深田晃司監督(『よこがお』)と濱口竜介監督(『寝ても覚めても』)の2人が発起人となってMini-Theater AIDが立ち上がった。
監督が旅立たれた10日は、最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』の公開予定日だったが、新型コロナウィルスの影響により公開延期となっていた。
自らを「月見草」と表現した、球界のレジェンドの野球人生を写真で振り返る。
会社員をしながら、10日間の有給休暇で撮った短編映画で、国際的な評価を得た長久允監督。一見華やかに見える経歴の裏で、実は自身のキャリアについて人知れず悩んでいたという。
レスターのブレンダン・ロジャーズ監督は岡崎選手を「レジェンドとして去ることになった」と話し「素晴らしいクラブの歴史のなかで、その役割を果たした」と称賛した。
「彼は決して社交的というわけではなく、礼儀正しい人物だったと言う方が正確でしょう」
7月中の決定を目指すとしていたが、期限にはこだわらない考えも示した。
元ドイツ代表監督でブッフバルトと親友。そしてパン職人の免許も持つ
サッカー協会に対しては「監督に対する敬意がない」と不信感をあらわにした