NEWS
2018年07月20日 15時04分 JST | 更新 2018年07月20日 15時25分 JST

東京オリンピック、チケットの価格と購入方法は?

開催年に合わせて2020円の企画チケットも用意した。

Tokyo2020の看板
Issei Kato / Reuters
Tokyo2020の看板

2020年東京五輪・オリンピック組織委員会は7月20日、五輪チケットの価格と購入方法を発表した。最高価格は開会式の30万円、最低価格は開催年にちなんだ「2020円」となっている。

スポニチなどによると、チケットの半数以上が8000円以下で購入できる。また、子供や障がい者などのグループ向けの企画チケットとして、開催年に合わせて2020円の企画チケットも用意した。

チケットは組織委の公式販売サイトで販売され、購入には「Tokyo2020 ID」登録が必要となる。20日からチケット申込事前登録キャンペーンが始まり、販売開始は19年春、受け取りは20年春以降となるという。

オリンピック競技日程の大枠も固まり、7月24日から8月9日までの17日間に、史上最多の33競技339種目が開かれることが明らかになっている

朝日新聞デジタルによると、開会式や閉会式、主な競技のチケット価格帯(円、税込)は以下の通り。

開会式 1万2千~30万

閉会式 1万2千~22万

競技(種目)

水泳(競泳) 5800~10万8千

水泳(飛び込み) 3500~3万500

水泳(AS) 4千~4万5千

水泳(水球) 3千~1万8千

水泳(OWS) 3500~5500

アーチェリー 3千~7千

陸上 3千~13万

陸上(マラソン) 2500~6千

陸上(競歩) チケット販売なし

バドミントン 4千~4万5千

野球 4千~6万7500

ソフトボール 2500~2万5500

バスケット 3千~10万8千

バスケット(3人制) 3千~1万8千

ボクシング 3500~4万5千

カヌー(スラローム) 3千~1万

カヌー(スプリント) 3千~9500

自転車(BMXフリースタイル) 4千~1万

自転車(BMXレーシング) 3千~1万2500

自転車(マウンテンバイク) 3500~5千

自転車(ロード) 3500~5500

自転車(トラック) 4千~1万4500

馬術 3千~1万6千

フェンシング 3千~1万1500

サッカー 2500~6万7500

ゴルフ 3千~1万

体操 4千~7万2千

体操(新体操) 4千~3万6千

体操(トランポリン) 5500~1万6千

ハンドボール 3500~2万

ホッケー 2500~1万

柔道 4千~5万4千

空手 3500~1万2800

近代五種 2500~4千

ボート 3千~9500

ラグビー 2500~25500

セーリング 3千~5500

射撃 2500~5500

スケートボード 4千~1万1500

スポーツクライミング 3千~1万2500

サーフィン 未定

卓球 3500~3万6千

テコンドー 3千~9500

テニス 3千~5万4千

トライアスロン 4千~8千

バレーボール 4千~8万1500

バレーボール(ビーチ) 3500~4万5千

重量挙げ 2500~1万2800

レスリング 4千~4万5千