WORLD
2018年07月26日 15時55分 JST | 更新 2018年07月26日 16時42分 JST

北京のアメリカ大使館付近で爆発事件。当局「26歳の男が爆発を起こした」と発表【UPDATE】

SNSには、現場付近と思われる写真が投稿されている。

中国・北京のアメリカ大使館の近くで7月26日、爆発があったとBBCなどが伝えた。

中国当局は26日午後1時ごろ、北京のアメリカ大使館付近で男性(26)が爆発を起こし、病院に運ばれたと発表したと共同通信が報じた。この男性以外にけが人はいないという。

中国共産党の機関紙「人民日報」の英語版「グローバルタイムズ」によると、現地住民は「雷のような爆発音が聞こえた」と証言している。

BBCによると、爆発の規模は小さいという。

SNSには、煙が立ちのぼっていたり、野次馬が集まる様子など、現場付近を写したと思われる動画や写真が投稿されている。

Reuters Photographer / Reuters
Police officers are seen standing guard near the U.S. embassy in Beijing, China July 26, 2018. REUTERS/Thomas Peter

Thomas Peter / Reuters
Police officers are seen near the U.S. embassy in Beijing, China July 26, 2018. REUTERS/Thomas Peter

Thomas Peter / Reuters
A security personnel removes objects near the U.S. embassy in Beijing, China July 26, 2018. REUTERS/Thomas Peter

【UPDATE】2018/07/26 16:41
最新の情報を受けて、記事を更新しました。