ハフポスト日本版は、タコとイカの違いについて1500文字以内で書ける人を募集しています。

オールラウンドエディターって何をするの?
|
いらすとや

「ネットの記事がつまらなすぎて読めない」「新聞もテレビも専門的すぎてついていけない」。そう、思ったことはないですか。

私は、ネットメディア「ハフポスト日本版」で副編集長をしています。

インターネットに出会ったのは約20年前。大学の端末室から初めて繋げたとき、目の前にユートピアが現れた気分になりました。特別な資格を持っていなくても、世界中の情報が手に入る。一般人が自由に意見を発信できる。すばらしい場所のように思えました。

でも、実際にはそうならなかったのです。

フェイクニュースは拡散し、悪口合戦が起き、何を信じていいか分からない。同じような考えを持っている人同士だけで意見交換する「タコツボ化」も進んでいます。

そんな風潮を変えたい。ハフポストはそう思っています。というわけで(強引に話を持っていきますが)、ハフポストは「オールラウンドエディター」の募集を始めました。

「面白い」「楽しい」「悲しい」「つらい」。何でもいいです。人間の感情を揺さぶる題材を、インターネット上で見つけて書く仕事です。ジャンルは問いません。必要なのはインターネットで、どんな記事が読まれるのかということを見極めるセンス。それを、コンパクトに分かりやすくまとめるスキルです。

タコツボ化を避ける狙い・・・とは全く関係ありませんが、ご興味のある方は、、タコとイカの違いについて1500文字以内で書いて、 までメールしてください。

※ハフポスト日本版で働く記者の採用試験としての原稿募集です。

■オールラウンドな記事の例

■募集要項

【職種】オールラウンドエディター

【職場の特徴】裁量労働制で、リモートワークを積極的に活用しています。週末の出番対応あり(代休あり、完全週休2日)

【給与など】当社規定による。社保完備。

【会社情報】ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社/本社所在地:東京・秋葉原の近く/代表取締役:西村陽一

【応募方法】recruit@huffingtonpost.jp にメールをください。表題は「オールラウンドエディターへの応募」とし、タコとイカの違いについて1500文字程度で書いた原稿をお願いします。原稿はメールに直接記入、Wordなどテキストファイルでの提出、どちらでも構いません。履歴書も添付してください。

【募集締め切り】2018年12月31日