NEWS
2018年10月18日 09時50分 JST | 更新 2018年10月18日 09時53分 JST

サイバーエージェント アニメ制作に本格参入

オリジナルアニメを制作する。

サイバーエージェント提供
CA Animationロゴ

サイバーエージェントは10月17日、アニメレーベル「CAAnimation」を設立し、アニメ制作事業に本格参入すると発表した。

CAAnimationはオリジナルアニメの企画・プロデュースを手がける。制作されたアニメはゲーム化やAbemaTVでの配信などと連動させることでさらなる事業拡大を狙う。

ハフポスト日本版の取材に対して、広報担当者は「現在既に5本程度の企画が進行しており、アニメ化は早くて2年ほどで実現する見込みです」と語った。

また、「今まではアニメ放送とゲーム化には時間差が生じていたが、手がけるのはゲーム化を前提としたアニメ制作。面白い試みになると思う」と話している。

サイバーエージェントは2017年6月、連結子会社のCygamesとアニメIPへの投資を目的としたファンドを設立しており、アニメ領域での事業展開を強化している。