NEWS
2018年11月07日 19時33分 JST | 更新 2018年11月07日 19時46分 JST

二大怪獣が池田市で激突? PR動画「ひよこちゃんvsウォンバット」が特撮映画すぎてやばい

構想半年、制作費1000万円。観光名所が破壊されまくり

大阪府池田市が11月6日、2019年に池田市が80周年を迎えることを記念して、PR動画「ひよこちゃんvsウォンバット」を公開した

「ひよこちゃんvsウォンバット」公式HP
「ひよこちゃんvsウォンバット」ポスター

チキンラーメン(日清食品)のキャラクター「ひよこちゃん」と、珍獣ウォンバットが怪獣映画のように暴れ回るという内容。行政がつくったとは思えないほどハチャメチャな展開で、公開後たちまちネットで話題を呼んだ。

冒頭、「多忙によるストレスで巨大化した」ひよこちゃんが、市内の観光地をどんどん破壊する。

「ひよちゃんvsウォンバット」より
巨大化したひよこちゃんに破壊される池田市の「落語みゅーじあむ」

やはり巨大化したウォンバットが食い止めるべく立ち上がるが、苦戦...。

「ひよこちゃんvsウォンバット」より
対決するひよこちゃんとウォンバット

これはいよいよピンチ、というところに倉田薫市長が某特撮ヒーローのように颯爽と登場する。

「ひよこちゃんvsウォンバット」より
某特撮ヒーローのような池田市長

怪獣映画のパロディとしか思えないストーリーだが、随所に池田市の宣伝が「これでもか」と入れられているのがポイントだ。

「ひよこちゃんvsウォンバット」より
随所に見られる池田市の宣伝

なぜこのような動画を制作したのか。

池田市の広報担当者はハフポスト日本版の取材に対して、「チキンラーメン発祥の地である池田市の観光大使を務めている『ひよこちゃん』と、同市内の五月山動物園の珍獣ウォンバットのコラボで、市をPRしようと発案しました」と話した。

PRすべき池田市を、ひよこちゃんは破壊して回るわけだが、市では「逆に壊す方がインパクトがある」と逆転の発想をしたという。

企画から公開まで半年がかり、制作費も約1000万円かけた。

視聴者に受け入れられるかどうかは「半々」と市長は考えていたというが、ふたを開けてみれば大好評。担当者は「Twitterでは『感動した』という投稿もあった」と嬉しそうに語っていた。大きな批判はないといい、「市長も一安心している」という。

今回の作品については、チキンラーメン・ひよこちゃんの公式アカウントも、Twitter上で「故郷のみなさん、ボクはこんなに大きくなりました」と投稿している

市は今作が話題になったことから、80周年となる2019年に向けて「第2弾」・「第3弾」の企画を練り始めているという。

「ひよこちゃんvsウォンバット」(前編)

「ひよこちゃんvsウォンバット」(後編)

ハフポストの最新記事はこちら