WORLD
2018年11月24日 15時55分 JST | 更新 2018年11月24日 18時11分 JST

インドの大映画スター「農家の借金、1398人分」を代わりに返済 その背景とは?

その金額はなんと…

Hindustan Times via Getty Images
ファンに囲まれるバッチャンさん=10月11日、インド・ムンバイ

インドの映画スター、アミターブ・バッチャンさん(76)が11月19日、1398人の農家が抱えていた借金を全額肩代わりしたと、自身のブログで明らかにした。総額約4000万ルピー(約6300万円)に上るという。

バッチャンさんはインド映画界「ボリウッド」を代表する俳優の一人。家族の絆を描いたインド映画「家族の四季 愛すれど遠く離れて」(2001年)や、レオナルド・ディカプリオさんが主演したアメリカ映画「華麗なるギャッツビー」(2013年)などに出演したことがある。

バッチャンさんは自身の出身地であるインド北部のウッタル・プラデーシュ州に住む1398人の農家が銀行から借り入れしていた借金をすべて支払ったといい、「農家のみなさんが苦しみ続けている負担を少しでも軽くしたいという思いがかない、感謝の気持ちでいっぱいです」などと綴っている。

バッチャンさんは以前にも、中西部マハーラーシュトラ州に住む350人以上の農家の借金を肩代わりしたことがあるという。

CNNによると、インドでは人口の半分以上が農業や関連分野に従事しているが、最近、天災による収穫量の減少や燃料費の高騰などにより、負債を抱える農家が相次いでいる。

自殺者も多く、2013年には1万人以上の農家が自殺するなど、農家の貧困は社会的な問題となっている。