NEWS
2018年12月22日 16時03分 JST | 更新 2018年12月22日 16時14分 JST

仮面ライダーの記念映画、公開初日にネタバレでマイナビが謝罪「重大な内容に触れる記事を拡散してしまった」

「タイトルにぶち込むのはどうか」「見たくもないのに流れてきた」と不満の声が上がった

「ジオウ&ビルド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

12月22日に公開された仮面ライダーの映画を取り上げた記事に対して、「ネタバレだ」と不満の声が上がっている。

記事を掲載したマイナビニュースは公式Twitterで謝罪し、記事を削除する事態となった。

問題となっているのは、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』を取り上げた記事。

映画は、『仮面ライダー』シリーズ第20作を記念して製作されたメモリアルな作品で、歴代の平成仮面ライダーが登場する内容だ。

マイナビニュースは午前9時半ごろ、「次の記事ツイートは、映画の内容に触れます。まっさらな気持ちで見たい!という方はご注意ください」とツイートした後、記事を投稿したとみられる。

タイトルに「ネタバレ」要素が含まれていたようで、「タイトルにぶち込むのはいかがなものか」「見たくもないのに流れてきた」「許せない」と、映画を楽しみにしていた人から不満が続出した。

これを受けてマイナビニュースは、公式Twitterで「まだ多くの方がご覧になっていないにもかかわらず、重大な内容に触れてしまう記事を拡散してしまい申し訳ございませんでした」とファンに向けて謝罪し、記事を削除した。

同作を取り上げた他の記事を見ると、作中にはファンが喜ぶあるサプライズ演出があったという。